観光まちづくりとは?

今回は観光まちづくりとはどういう事なのかを説明していきます。

 

まず政府による定義は以下の通りです。

 

都市政策、まちづくりの目指すところは、サステイナブル(自立的/持続的)な都市を継続することです。このため地方の都市においては、コンパクト+ネットワークという都市構造の実現と併せて、各種の都市政策が推進されています。

つまり地方は自立した利便性の高い小規模で構築しようということですかね。

 

 

• それらと連携して進める政策であり、まちを訪れる人々をリソースとして、まちの関係者(行政だけでなく当該まちに関わる内外のステークホルダー)が自らの手で、自立的/持続的に営んでいくまちづくりの一手法です。

 これは自立した都市同士が観光客を対象に、連携して持続的に運営することがたいせつだということでしょうか。

 

 

•自治体が、サステイナブルな都市を継続する手法(都市によって異なる個別解)を選択していく上で、一つの有力な候補になると考えられています。

観光まちづくりは、各自治体が持続可能な都市を継続する手法を選択していく上で一つの有力候補になるということですね。(そのままやないかい)

出典:国土交通省ホームページ:「http://www.mlit.go.jp/toshi/kanko-machi/

 

 

 

何だか自分には小難しく感じました…。

 

 

つまり政府による定義を要約すると、観光客を対象として、行政、民間、学生等のまち(地域)の関係者が主体的に持続性を考慮し、まちづくりを営むこと。それが観光まちづくりということでしょう。

 

 
 
 

 

 

観光学を学んできた自分が付け加えるとすれば

観光まちづくりの定義として

・観光客とまちづくりの目的が一致することにより街が整備されること。

・観光客を対象とし地域の関係者が主体的に持続可能性のあるまちづくりを営むこと。

 

この点が挙げられると思います。

 

観光まちづくりの目的はやはり

「自立したまちづくりを継続していくこと」

 観光は欠かせない産業として、これからも注力すべきでしょう。これからも日本の発展に貢献すると信じて。

 

 

 

 

 

 

・最後に

観光で地域を盛り上げていく。

それには地域のファン作り、

その町に住む関係者の協力と理解が欠かせないと思います。

日本がこれからも発展を続ける一助となるように。